働き方が、ちょうどいい

ここでは、SKBで活躍する若手エンジニアをご紹介。
彼らが思うSKBのちょうどいいところってどんなところ?早速彼らの実感を探っていきましょう!

会社の規模って、
働き方に直結すると思うんです。

2016年新卒入社 / 東洋大学卒

会社の規模って、
働き方に直結すると思うんです。

2016年新卒入社 / 東洋大学卒

100人規模の会社を求めて

もともとIT業界志望で、就活時には様々な会社を見ました。数千人規模の会社から小さなベンチャーまで。大手では人が多すぎて自分の個性が出しにくい。ベンチャーは仕事のスケールが小さい。
そんな中で見つけたのがSKB。150人規模の会社で全員の顔が見えるし、自分の裁量もある程度自由になる。案件も大小さまざまで多くの経験が積める。そんな点が自分にはちょうどいいと考えたんです。

SE・PGどちらのスキルもアップできる

SEとして幅広いスキルを身につけるか、PGとして開発スキルを磨き続けるか、ITエンジニアとしては悩みどころ。私はどちらも着実に伸ばしたいと考えていました。
入社後2年間は主にPGとしてプログラミングに力を入れ、3年目からSEとしての設計作業も増えてきました。自分のスキルレベルに合わせた仕事を任せてもらえるので、身の丈に合わせた成長が望める環境だと実感しています。

定時外の仕事をつくるな、が社長の口ぐせ

現在は大手金融グループのシステム開発チームに所属しています。現場のリーダーとして数名のメンバーと共に開発業務に携わっています。難しい案件でもあるので、どうしても業務時間内に終えられないことも。
でも基本的に残業はしません。社長が「定時外の仕事をつくるな」と、適切な労働環境を守ってくれています。土日もしっかり休めているので、余計なストレスをつくらずに、休日は大好きな『マインクラフト』をやりまくっています(笑)

SKBのちょうどいいところはココ!

会社規模がちょうどいい!
150名の組織では全員の顔が覚えられ、コミュニケーションもとりやすい
スキルアップがちょうどいい!
自分の現状レベルに合わせた仕事が任せてもらえ、背伸びせず、着実な成長ができる
ON/OFFバランスがちょうどいい!
基本定時で帰れるよう調整しながら仕事をするので、生産性と効率を意識した働き方ができる

会計や簿記の知識を活かしてITエンジニアに!
そんな私に「ちょうどいい!」会社でした

2018年新卒入社 / 国士舘大学卒

会計や簿記の知識を活かしてITエンジニアに!
そんな私に「ちょうどいい!」会社でした

2018年新卒入社 / 国士舘大学卒

文系歓迎とかよく言われるけれど

ITエンジニアをめざす文系学生にとって気になるのは、入社後ついていけるかという不安。IT系企業の会社説明会は、どんなに丁寧な説明でも、文系やコンピュータの知識のない者には難しく感じます。
そうした経験を何度も踏まえて訪れたSKBの説明会。これがびっくりするくらい分かりやすかった。
ITの専門用語を一切使わない説明に安心感が持てました。「会計や簿記の知識を活かしてエンジニアになりたい」程度の私でも、分かりやすく指導してもらえるイメージがつき、成長しやすい環境があると感じたんです。

パッケージ開発に携わりたくて

学生時代に簿記の勉強をしていたこともあって、会計ソフト等のパッケージ開発に携わってみたいと考えていました。でも有名なパッケージソフトを開発しているような大手では、私のような未経験者ではついていけないという諦めもあって。SKBのビジネスは企業向けシステム開発が中心ですが、パッケージソフトの導入ソリューションもあり、私の希望を叶えてくれるかもしれない、そんな願望を持って入社を決めたんです。現在まさにその部署で仕事ができているので、とてもやりがいがあります。

1年目から任せてもらえる環境

入社後2か月間の研修を経て、パッケージソフトの導入・構築を行う部署に配属されました。周りの先輩方は気さくな人が多く、知識のない私でも相談しやすい雰囲気づくりをしてくれているように思います。
あるお客様にパッケージソフトを提案する仕事を任された時も、先輩方が気にかけてくれ、お客様にどうお話をすればいいか等、私の練習に付き合ってくれました。ですから新人は背伸びせず、あるがままの自分で働けばいいと思います。素直に働ける環境が、SKBの一番ちょうどいいところだと思います。

SKBのちょうどいいところはココ!

文系歓迎に嘘偽りは一切なし!
趣味でプログラム経験がある、会計知識を活かしたい等の意欲が大切
2つの軸をもっているからちょうどいい!
システム開発とパッケージソフトの導入・構築と両輪を持っているから、活躍の幅が広い
新人を育てるという風土がちょうどいい!
先輩社員の面倒見が良く、無理せず素直に働ける
トップへ戻る