株式会社SKB

採用情報

ホーム > 採用情報 > インタビュー > 2013年度入社 ××_敦嗣

ここから本文です。

2013年度入社 ××_敦嗣

2013年度入社

××_敦嗣

東京都市大学 知識工学部情報科学科

学生時代に力を入れたこと

学生時代に力を入れていたものはプログラミングでした。
プログラミング自体は大学の授業で初めて触ったのですが、そこで覚えたことを基に、Excelのマクロやゲームなどを作ったりしていました。

どんな業務をしていますか?

現在は会計パッケージの導入支援業務を行っています。
新しく会計パッケージの導入が決定したお客様に対し、お客様に直接会社の運用方法をヒアリングしつつ、現在の会社運用やご希望に沿う形での設定方法を検討したり、操作の教育やスケジュールの管理等も行っています。
また私は基本的に開発を行う事はないのですが、開発の必要があれば社内の開発チームにお願いをするか、外注さんにお願いをさせて頂いて対応しています。
ただ私でも出来そうなものであれば、開発チームに教えてもらいながら自ら開発も行います。

仕事の魅力は何ですか?

会計については、どの会社さんでも必須となる重要な知識です。
それを仕事を通して勉強出来るというのは、お得な事だと思っていますし、多種多様な業界を見る事ができるので、業務以外の知識も増やす事が出来ます。

苦労したこと、大変だったことはありますか?

今でこそ会計パッケージの導入支援を行っていますが、入社当時には会計の知識は全くありませんでした。
その為、会計パッケージの使い方を覚える以前に、会計について勉強する必要があり、何か月間かは、簿記の参考書とにらめっこしていました。
とはいえ、分からない事は先輩社員に聞く事は出来ましたし、中には簿記を教えて下さるお客様もいらっしゃり、今では導入支援の主担当として活躍が出来るまでになりました。

仕事に必要なことはありますか?

プログラミングの経験も会計知識も、無くても特に問題はありませんが、あれば役に立つと思います。
それよりも、会話の中で相手が伝えたい事を理解できたり、自分の伝えたいことを相手に伝えられる程度のコミュニケーション能力が必要だと思っています。
でも人前に出ると緊張してしまう……!という人でも、そのうち慣れてきて自然に喋れるようになりますので、怖がらなくても問題ないです。

どんな業務をしてきましたか?

1年目 お客様先へ訪問し、会計パッケージのインストールや設定を行っていました。
2年目 会計パッケージのお客様先での操作教育や、保守業務を行っていました。
3年目 お客様のご要件をお伺いしながら、要件にあった運用方法をお客様にご提案をしています。

今後の目標は何ですか?

会計パッケージ導入が可能な人材を増やし、現状よりももっと多くの案件をチームに取り組めるようになっていきたいと思っています。
またその為の教育等も行って行きたいと思っています。

学生へメッセージ

ゆっくりでもいいので、分からない事を一つ一つきちんと理解して次に進んでいくような方と、働きたいと思っています。